地図提供:ミネアポリス公園およびレクリエーション委員会

シェーラーの敷地は新たな合意の下でグラコ・パークとなる

公園関係者は、協定により川沿いの芝生が一世代も早く「世界クラス」になると語る

ミネアポリス公園・レクリエーション委員会とグラコとの間の新たな協定に基づき、北東公園の空き地がグラコ・パークとなる。

市当局者らは、この協定は公園管理委員会と地元の流体処理機器製造会社との間の「双方にとって有利な関係」であると述べ、このXNUMX社はシェラー・ブラザーズ・ランバー社の敷地の一部をめぐって最近法廷闘争を繰り広げてきた「敵対者」である。川の東岸にあるプリマス アベニュー橋の北。

「一歩下がって、私たち全員が同じ目標を持っていることに気づいたとき、それはある意味でうまくいき始めました」と公園理事会の会長であるブラッド・ボーンは言いました。 「私たちは敵対する組織を取り込み、歴史的なパートナーシップを築きました。 それは一定の評価に値すると思います。」

この複雑な協定は、実際には5つの個別の協定からなり、旧製材場を2.2つの部分に分割することになる。そのうちの約1.35エーカーはグラコ・パークとして知られ、XNUMXエーカーはグラコが私的に開発し、XNUMXエーカーは公園委員会と政府のために確保される。新たに再現されたホール島。

パーセル D の新しい公園契約を発表する記者会見に出席した、ミネアポリス公園とグラコの代表者とフレイ市長の写真。 写真提供:ミネアポリス公園およびレクリエーション委員会

本社が敷地に隣接するグラコは、民間開発のために確保された土地を公正市場価格1.1万ドルで購入し、公園の奉納料を前払いし、洪水対策の費用も支払う予定だ。 グラコ財団は 3 万ドルを寄付し、理事会はそれをグラコ パークの開発に使用します。 同社はまた、イーストバンク・トレイルの地役権をめぐる理事会に対する訴訟を取り下げ、非難請求と手数料を免除することにも同意する予定で、これにより理事会がトレイル建設のために支払った622,300万10.6ドル以上が返還されることになる。 合計すると、この契約はXNUMX万ドル相当となる。

その見返りとして、公園委員会はグラコとの寄付契約に基づき、最初の30年間は将来の地域公園をグラコ・パークと名付けることになる。

ボーン氏によると、協定のいくつかの部分は2020月に公園委員会に提出される予定だという。 すべてが承認されれば、地域住民の関与、公園の設計、認可が来年完了する可能性がある。 そのスケジュールでは、建設は2021年と2022年に行われ、公園は早ければXNUMX年に一般公開される可能性があります。

グラコ・パークがミネアポリスの公園システムにおいて企業の名前を冠した最初の公園となるかどうかは不明である。 メーカーの名前は、1926 年にミネアポリスのダウンタウンにグラコを設立したラッセルとレイルのグレイ兄弟に由来しています。グラコは北東部に 64 年間拠点を置いています。

近くのグルーク醸造所と大邸宅の跡地であるグルーク公園や、製紙工場の経営者で元公園長官のベンジャミン・フランクリン・ネルソンにちなんで名付けられたBFネルソン・パークにも、近くのビジネスオーナーの名前が見られます。

グラコの広報担当シャーロット・ボイド氏は、同社は購入予定の2.2エーカーの土地に何を建てたいのか計画はまだ始めていないと語った。

公園委員会は、2015年にパーセルDとして知られる材木置き場の一部を民間開発業者に開放した。当時、この敷地の開発に興味を持っていたのはグラコだけで、そこで50,000万平方フィートの建物133棟とXNUMX台の平面駐車場を提案した。 。 当時、前取締役会は同社との協力を全会一致で拒否した。

ボイド氏は、グラコは本社の拡張を設計し計画する新たなプロセスを経ると述べた。 公園委員会との合意の一環として、この計画は公園の活性化を支援し、公園とグラコの産業活動の間の緩衝材として機能する必要がある。

グラコのワールドワイド応用流体技術部門の社長、クリスチャン・ローテ氏は、同社には毎年ホストする数百人のゲストを連れて行ける場所が必要だと述べた。 ボイド氏は、開発は訪問者用、研修用、オフィス用のスペースを組み合わせたものになる可能性があると述べた。 平面駐車の可能性は低いと彼女は付け加えた。

「とても魅力的な土地ですね。 そこに駐車場を設置するのは、私たちにとってはちょっともったいないです」と彼女は言いました。

公園管理委員、公園職員、グラコ社の代表者らがシェラー敷地のパーセル D 部分で写真を撮る。 写真提供者: エリック・ベスト

公園委員会側では、この合意により、川沿いの両岸に沿って北に広がるアバブ・ザ・フォールズ地域公園の一部であるグラコ・パークへの資金提供が活性化される。

また、取締役会が保有する約1.8エーカーのパーセルDに対して1.35万ドルの資金も創出される。 計画サービス部門の監督補佐であるマイケル・シュローダー氏は、理事会にはこの公園用の資金源がなく、この公園は地域公園の一部ではないと述べた。

ボーン氏は、合意がなければシェーラーの敷地は一世代にわたって草地のままになる可能性があると述べた。

「(我々は)15年か20年後に戻ってくるかもしれないが、協力がなければ同じことを目にするかもしれない」と彼は語った。

ジェイコブ・フレイ市長は、この協定はグラコの事業拡大を許可し、人々を川沿いに呼び込むことで「何世代にもわたる成果」であると述べた。

「これはミネアポリスのあるべき姿のすべてを象徴している」と同氏は語った。公園委員会は今年初め、製材会社が川沿いに以前浚渫していたホールズ島の修復を完了した。 シュローダー氏は、島の設計と建設には約4.5万ドルかかったと述べた。 川沿いの遊歩道と島への橋を建設するにはさらに約 1.3 万ドルが必要ですが、まだ一般公開されていません。