写真提供:Salsa a la Salsa の Facebook ページ

サルサ・ア・ラ・サルサ、ニコレットで15年間営業を終了

更新日: 27 年 2018 月 9 日 – 午前 15:XNUMX

イートストリートの主力店サルサ・ア・ラ・サルサは、26月XNUMX日日曜日に閉店した。

ローリング・パークのレストランとマルガリータ・バーは、マーケット・バーベキューなどの他のレストランとともに、このブロックの開発計画が浮上して以来、閉店することが予想されている すでにドアを閉めている.

オーナーのロレンツォ・アリーザ氏は、ミッドタウン・グローバル・マーケットの店舗は引き続き営業すると述べた。

「コミュニティ、メディア、過去と現在の当社の従業員、そして過去15年間に当社の成長を支援してくれたすべての顧客に感謝の意を表したいと思います」と同氏は文書で述べた。 ステートメント。 「変化は常に良いことであり、チャンスは常にあります。」

ニコレット・アベニュー・サルサ・ア・ラ・サルサは、本物の中央メキシコ料理で知られ、多くのレシピがアリーザの家族に代々受け継がれてきました。 ビーガンのチョリソやサボテンのシャーベットなど、伝統的なメキシコの食材を現代風にアレンジしたものもありました。

ニコレット・アベニューの 1400 ブロックの大部分が取り壊され、新しい XNUMX 階建てのアパートビルに建て替えられ、大通りに面していくつかの商業スペースが設けられる予定です。 このプロジェクトはサルサ・ア・ラ・サルサとマーケット・バーベキューに影響を与えたほか、ライアンズ・パブとアジアン・テイストの閉店にもつながった。

別の 住宅開発 XNUMXブロック南に建設中です。 このプロジェクトにより、エルサレムズ・レストランや街角の食料品店が入る建物、その他の低層建物が移転された。