公園委員会が北東の川沿いに1万ドルで住宅を購入

ミネアポリス公園・レクリエーション委員会は15月1日、ミネアポリス北東部のXNUMX万ドル相当の住宅の購入契約を承認した。

同委員会は、75nd & Marshallの約22エーカーを川沿いの土地コレクションに追加する予定で、アバブ・ザ・フォールズ地域計画に基づき、いずれは川の北岸と北東岸に沿って新しい公園や小道として開発される予定である。

「これはパッチワークのキルトで、とても美しいものです。 これにはとても興奮しています」とアット・ラージ・コミッショナーのメグ・フォーニー氏は語った。

公園委員会は実際にこの物件に1万ドルを支払うわけではない。 売り手は150,000万ドルを寄付し、価格は850,000万ドルに下がった。 理事会は当初250,000万ドルを支払い、残りの600,000万ドルをXNUMX年間で支払う計画だ。

この物件のコストの一部は高密度の R6 ゾーニングに起因しており、公園スタッフによれば、開発業者がこの物件を購入して 50 戸の建物に変えることが可能になるという。

「少しヒリヒリするんです」とブラッド・ボーン会長(第6地区)は語った。 「確かに、私たちはより少ないものを得るためにより多くの支出をしているように見えますが、明日は今日よりもすべての費用が高くなるでしょう。」

理事会は、1896年に建てられたXNUMX階建ての住宅と、土地が開発されるまで一戸建て住宅として賃貸されている商業ビルで何ができるかを評価している。 公園職員らは、古い建物を貸し出すか、別の場所に移転してくれる人に売却することもできると述べた。

この施設には、合計で直線約 120 フィートのミシシッピ川沿いの川岸が広がっています。 ローリー&マーシャルのエッジウォーター パークと、ノースイースト 22 番街のすぐ南に位置するグルーク パークの間に位置します。