ヴィルスではリードのない犬用エリアを検討中

ミネアポリス公園およびレクリエーション委員会は、セオドア ワース リージョナル パークにリードなしの犬用エリアを設ける準備段階にあります。

委員らは15月55日、非営利団体の建物近くの高速道路XNUMX号線のすぐ北にある公園の一角にペット用アメニティを設置するため、動物愛護協会およびゴールデンバレー市との提携を検討し始める決議を承認した。

このプロジェクトは、2015 年の公園基本計画で初めて提案されました。 理事会はまだプロジェクトに資金を投入していません。

第2地区コミッショナーのケール・セバーソン氏は、ドッグエリアを「慎重に支持している」が、それは無料のゴルフチッピンググリーンを置き換えることになるため、ヴィルトの別の場所に移転してもらいたいと述べた。

「素晴らしいアイデアだと思います。 ドッグランのニーズは高く、多くの要望が寄せられています」と氏は語った。

市全体の委員であるラトリシャ・ヴェトー氏は、犬専用エリアは、新しくオープンしたトレイルヘッド・アドベンチャー・センターとそのレストラン、ケイジャン・ツイストに人々を呼び込むもう一つのアメニティとなるだろうと語った。

「これ以上に良いロケーションとより良いパートナーシップはないと思います」と彼女は語った。

次のステップは、公園スタッフが犬用エリアの存続可能性を調査し、承認のための予備計画を作成することです。