ハウザー

デニス・ハウザーさんはノースループのブティックで、自身がデザインしタイで手作りしたジュエリーを販売しています。 写真提供者: ブライアン・ランバート

現在オープン中: ハウザー

更新日: 13 年 2018 月 11 日 – 午前 07 時 XNUMX 分

北ループ

「誰にでも物語がある」ということわざがあります。 他のものよりも少しだけ興味深いものもあります。

ノース 2 ストリート沿い、モンテカルロの角を曲がったところに、デニス ハウザーが最近最初の小売店をオープンしました。 そして彼女の人生に新たな章が始まる。

その過程で彼女は、タイ北部の小さな村で、さもなければ自給自足農業に近づきそうにないであろう人々のチームを働かせている。

単に呼ばれます ハウザーわずか1,000平方フィートのこの店舗には、シンプルだがエレガントな手作りのシルバージュエリー(ハウザーと遠方の同僚数人がデザインし、タイのラウラ山岳民族が製造したネックレス、指輪、ブレスレット)とシックなハンドバッグ、スカーフ、キャンドルが並ぶ。彼女が長年にわたってニューヨークや他の場所で築いてきたつながりを通じて出会ったその他の高級アクセサリー。

彼女は、同様に傷ついた文化に恩返しをしている他の企業と契約することにしている。 その中には、収入の一部を虐待された女性の支援に寄付している皮膚軟化剤製品「Bitchstix」のメーカーも含まれる。

ほとんど成人した12人の子供を抱えて離婚したハウザーさんは、ラクロス出身で「XNUMX年間カトリック教育を受けた」が、彼女の主な仕事である保険代理店での給付金コンサルティングは、充実感という点で彼女が望んでいたものではないという点に達した。

「人生の後半に差し掛かったことに気づき、しなければならないことよりも本当にやりたいことについてよく考えていることに気づきました」と彼女は語った。

ハウザー氏によると、彼女は「たくさんの芸術の授業」を受講し、そのほとんどがミネトンカの広大なアートセンターで行われ、充実感、少なくとも保険業界よりも満足のいくものを得るには「(自分の)好奇心に従う」必要があると確信するようになったという。 編み物やシルクペインティングは面白かったが、ジュエリーが彼女の主な焦点であったと彼女は言いました。

「もしビジネスとして成り立つつもりなら、宝石にはおそらくもっとお金があると認めざるを得ませんでした。」と彼女は笑いました。

彼女はグレーテン ハウスとつながり、その XNUMX つの店舗 (エディナと北東部) の両方と、少しオンラインでも販売しました。 しかしすぐに、彼女は生産ラインを開発する必要性を理解しました。これには、ニューアルムからバンコク、そして比較的有名なレインツリー財団(タイの農村地域の経済開発に焦点を当てている)まで、時にはありえない一連の接続が含まれ、最終的にはラウラ山岳民族は、政治的に不安定なミャンマー国境からわずかXNUMXマイルしか離れていない。

ハウザー

「この地域の状況はかなり悪い」とハウザー氏は語った。 「民族浄化から逃れてきた近隣部族がたくさんいます。 かなり混沌としています。 そしてご想像のとおり、ほとんどの人々は本当に貧しく、教育を受けていません。

「特に若者たちは希望を持たず、唯一の可能性は状況が悪化することが多いバンコクや他の大都市に移住することだと信じている。 大人がこれらの村に子供を置き去りにして都市に移住することは珍しいことではありません。 本当に悲しいです。」

この村の村長が鍛冶の歴史の副産物である銀細工師だったことにより、レインツリーのつながりであるラルフ・オバーグがハウザーと彼を結びつけました。

ハウザー氏が語るように、首長とその部下たちは仕事に十分熱心だったが、田植えや収穫の季節に農作業の重要な任務のために畑にいる必要が生じたため、その仕事は中止しなければならなかった。 同様に、ハウザーさんは2017年のXNUMX月とXNUMX月のXNUMX回この村を訪れたが、職人たちと一貫したコミュニケーションをとる必要があったため、ハウザーさんが探していたスタイルを部族が明確に視覚的に表現できるよう、コンピューターとプリンターで出荷する必要があった。

ハウザー氏が「ツーソンの宝石ショーでシアトル出身の男」と出会ったとき、素材と才能のパイプラインはさらに拡大しました。 彼は、彼女がスケッチして村長に送る作品にデザインする石の頼りになる供給源となった。

ご想像のとおり、チェンマイからバスで XNUMX 時間かかる岩だらけの泥だらけの村では、原材料であるビーズや銀の粒をラウラの職人のところまで届けるのは、まったく別の冒険です。

明るく居心地の良いノース・ループの店では、営業初日は少人数のスタッフが忙しく動き回っていたが、ハウザーさんは、ラウラの人々に収入源を提供した後、今は彼らに対して特別な責任を感じているかと尋ねられた。なかっただろう。

「ああ、そうですよ」と彼女は答えた。 「私は彼らに対して責任を感じています。 でも心配はありません。 私はレンガとモルタルに関するすべての話を知っていますが、これはうまくいくと信じています。」

ハウザー氏は、店舗の内装の仕上げに加えて、おそらくワインを数杯飲みながら来店した顧客が、ビーズやシルバーの引き出しを整理し、ある意味デザインを行うイベントを開催することも事業計画の一部であると語った。その後、カスタムで製造され、非常に短期間で返送されます。

「もちろん、私は常にファッションに興味がありました。 しかし、この店、私が持ち込むブランド、そしてラウラのジュエリーでは、何らかの正当な理由に関係なく、とにかく購入するものを提供したかったのです」と彼女は語った。 「寄付などをして気分を良くするために買って、家に帰って引き出しに放り込むようなものではなく、人々が使ったり着たりできるものを提供したいのです。」