ワールドカーフリーデー

ダウンタウンの非営利団体が世界カーフリーデーを推進

更新日: 6 年 2017 月 9 日 – 午前 25 時 XNUMX 分

ダウンタウンの非営利団体は、22月XNUMX日金曜日に予定されているイベント「ワールドカーフリーデー」に向けて、従業員にXNUMX人乗りの車を手放すよう奨励している。

組織 ミネアポリスを移動する は国際イベントを宣伝し、世界カーフリーデーに参加する通勤者に抽選を提供しています。 賞品には、ビアンキ バイク、ミネアポリス ステイケーション パッケージ、フォゴ デ チャオでのディナー、オーケストラ ホールのチケット、アワーカーの年間会員権、および XNUMX か月無制限の Go-To トランジット パスが含まれます。

ムーブ・ミネアポリスのエグゼクティブ・ディレクター、メアリー・モース・マーティ氏は、同団体はワールド・カーフリー・デーを毎年恒例のイベントとして規模を拡大したいと考えていると語った。

「人々は、一人乗りの車が便利だという考えに囚われているのだと思います」と彼女は言う。 「彼らが何か新しいことに挑戦すると、まったく新しい世界が開かれます。 …多くの場合、非常に多くの不確実性が存在するのはまさに初めてのことです。」

モース・マルティ氏は、同団体が参加する雇用主に対し、従業員に対してより柔軟な対応をするよう奨励していると述べた。 これには、通常より少し汗をかいて出勤した従業員に対する寛大な措置も含まれると彼女は述べた。

彼女はまた、テレワークを奨励し、ウェブサイトを宣伝しました eworkplace-mn.comには、在宅勤務ポリシーを策定したい雇用主向けのヒントが記載されています。

モース・マルティ氏は、たとえそれが週にXNUMX日通勤を変えるだけであっても、小さな行動が大きな違いを生む可能性があると述べた。 同氏は、米国では交通機関が温室効果ガスの排出源として XNUMX 番目に多いこと、また、一人乗りの車両が減れば渋滞が減り、大気の質が改善されることを指摘しました。

「その日、ダウンタウンがどれほど違って見えるか想像してみてください」とモース・マルティ氏はこのイベントについて語った。 「それは完全なパーティーになるかもしれません。」

米国勢調査局によると、60年にはミネアポリスの労働者の約2015%が一人で車を運転して通勤していた。 さらに13.4%が公共交通機関を利用し、8.5%が相乗り、7.5%が徒歩、5.3%が在宅勤務、XNUMX%が自転車を利用した。

通勤者は、オンラインで世界カーフリーデーへの誓約を立てることができます。 ムーブミネアポリス.org、参加職場、One On One Bicycle Studio (117 N. Washington Ave.)、6 月 9 日から 18 日の午前 20 時から午前 505 時までの ABC Ramps ロビー、または通常の営業時間内に Move Minneapolis (XNUMX Nicollet Mall) で開催されます。

ベッツィー・ホッジス市長と市議会は、20月XNUMX日の市議会会議でこのイベントに関する決議を聞く予定だ。